カートをみる 会員様ページ入り口(新規登録できます!) ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

銀製印鑑・篆刻書体(13.5mm)

お客様のお名前を篆刻書体で彫り込んだ「オールシルバー製」の印鑑です。

重さ約90g。持った際、手のひらにずしりと伝わる重量感は他の印鑑ではなかなか味わうことが出来ません。

朱肉との相性も問題なく、しっかりとした印影で押す事が出来ます。

印面に彫られた「篆刻書体」の歴史は古く、秦の始皇帝の時代まで遡ります。そして現代でも印鑑の他にパスポートやお札に印刷されている印影にも使われており、なじみのある書体です。

印面のデザインは偽造・成りすまし防止の意味も込め、その都度新しくお作りしますので同じ名前であっても同じ印面にはなりません。安心してお使いください。



彫刻するお名前は、備考欄に【印鑑をご注文の方はお名前をご入力下さい】という箇所がありますので、そちらにご入力下さいませ。


普段のお手入れですが、シルバーの場合、素材の特性上どうしても変色してしまいます。変色予防としては定期的に磨き布や柔らかい布などで磨くことをお薦めします。

尚、「磨き布」は当店でも販売しております。ご希望の方はこちらでお買い求め下さい。
シルバー磨き布(ポリマール)

直径:13.5mm
長さ:61mm
重量:90g
材質:シルバー950

こちらの商品は完全受注生産のため発送まで3週間から1ヶ月ほどのお時間を頂いております。
予めご了承下さい。

印鑑部分の全てをシルバー950にて製作しております。
見た目の迫力もさることながら、手に持った時の重量感こそ銀製印鑑の醍醐味と言っても過言ではありません。
使えば使うほどに手になじむ、そんな印鑑です。



銀製の印鑑というとあまり見かけることがなく、実際のところ使い心地はどうなんだ?と思われる方も多いかと思いますが、他素材の印鑑となんら変わることなくお使いいただけます。
下記の画像で分かるとおり、朱肉との親和性もよく、きれいな印影で押す事が出来ますのでご安心下さい。



「篆刻書体」の歴史は古く、始皇帝の時代まで遡ります。秦を統一した始皇帝は統治された国家ということを証明するために文字を統一化しました。その時に作らせた書体が「篆刻書体」なのです。日本でも古くは卑弥呼の時代から篆刻書体が用いられており、現代では印鑑の他にも日本国パスポートやお札に印刷されている印影にも篆刻書体が用いられております。


画像をクリックするとより大きな画像でご覧いただけます。


銀製印鑑・篆刻書体(13.5mm)

価格:

64,800円 (税抜 60,000円)

[ポイント還元 648ポイント〜]
印影のお名前:
お名前の読み(ひらがな):
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

ページトップへ